2008年12月28日

第13話 メメントモリ攻略戦

 1クール目を締めくくるにふさわしい回でしたね〜



 今回は本当に見ごたえありましたね。スメラギさんの見事な戦術、ダブルオーライザーの活躍、ケルディムとセラヴィーの連携、アリオスのトランザム(核爆)などなど!!

 ヒリングはガデッサで登場。戦闘用イノベイター1人1人に専用機があるんだと思ってましたが今のところはガデッサとガラッゾの2機だけの模様。ディバインはガラッゾなのかな?しかし単独で強くても連携ができなければ・・・人間より上位種(留美曰く)だというプライドがそうさせるのでしょうか。

 ネーナによる情報漏洩によりメメントモリの情報を入手できたCB。もし情報がなかったらスメラギさんはどんな戦術を立てたのか気になりますが、1期からですがトレミーチームはエージェント(主に留美)からの情報に頼りすぎている感がありますよね。今の留美は実質裏切っているみたいですし(最初は二重スパイみたいでしたが)、今後の対策は必須。ここは紅龍がCB側についてくれることに期待したいところ。

 ケルディムはフォロスクリーンとシールドビット初使用。想像以上の活躍でしたねぇ。ちょっとシールドビットがもろい気がしましたが、個別にGNフィールドは張れない?ビットの操作インターフェースがかっこいいですね(六角形が動いてたやつね アリオスはまた出番なかったですね・・・2クール目ではバンバン活躍してくれるといいなぁ。

 メメントモリは無事破壊できたわけですが、オービタルリングの被害についてはまったく触れぬまま。リングが壊れてしまえば少なからず軌道エレベーターにも影響が及ぶと思うのですが・・・そういうところも細かい描写が欲しかった気も。リント少佐も殉職。あれはよかった(笑

 最後はセルゲイと・・・誰?仕官学校時代の教官とかそんな感じでしょうか。今後の展開にどう影響してくるのか??


 次回「歌が聞こえる」。刹那とイノベイターが接触?ちょっとよくわからない予告でしたが・・・歌とはなんでしょうかね。
posted by フタツキ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 00感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第13話「メメントモリ攻略戦」
Excerpt:  ラグランジュ3の基地に奇襲されたソレスタルビーイング。対応が後手に回り次々と襲い掛かる アロウズのモビルスーツ部隊に苦戦を強いられた。しかし新たに開発したオーライザーが実戦投入されダブルオーガンダ..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2008-12-29 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。