2011年04月08日

MGシェンロンEW工作その1。

shenlong1.JPG

 MGシェンロンパチ組みしました。写真はもう改造してしまってます(汗 連載中の漫画のおかげとはいえウイングver.kaが出てから何年も経ってのキット化はすごいですよね。キットはシンプルな構造で大変組みやすかったです。ABS製の可動部も以前のキットに結構あったロック機構がなく、一度はめると外しにくいということもないです。ただ肩関節の軸は調節したほうがいいですね。そのまま組むとまず間違いなくフレームにヒビが入るので気をつけたほうがいいかと。

 デザインはたいへんかっこいいのですが、EW版のガンダムはカスタムとアーリーの差があまりないのでパワーアップした感じを受けず少し寂しいと思います。なので、アーリーはTV版の要素を少しでも取り入れる方向で製作したいですね。

 TV版シェンロンは腕が伸びる機構がありましたが、EWでは伸びなくなってしまったので、それを再現するべく工作をしました。
shenlong2.JPG

 肩のフレームを左右で切断し、間にABSランナーのタグを2枚挟んで上腕位置を上にずらして配置しました。ここは強度が必要な部分なので接着は瞬着を使い、かつ1mm真鍮線を2本通してガッチリ固定。腕部の延びる部分にはMGクロスボーンの腕フレームを流用しました。外装はプラ板で作る予定。肩アーマーとの干渉具合や位置はまだ調整中です。

 あとはフロントスカートをもう少し大きくしてもいいかなと考えているくらいです。脚が太く見えるのはアンクルアーマーが太めになってるからだと考えているのですが、そこをいじると可動範囲が狭くなりそうなのでやめておきます・・・
posted by フタツキ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MG シェンロンガンダムEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。